シミ取りレーザーについて

MENU

シミ取りレーザーしたのに、またシミができてる!

エステでの人気メニュー「シミ取りレーザー」。
昔に比べると、安く簡単にシミがとれるようになって、利用者もとても増えています。

 

でも、せっかくレーザーでシミをとっても、またしみができてしまうって人も多いんです。
それはどうしてかというと・・・

 

こんなことが原因です。

 


シミ取りレーザーの後はケアが大切

元エステティシャンとしてお話しさせていただきます♪

 

 

私の働いていたサロンでは
シミ取りのレーザーはなかったのですが
エステを通っていただいているお客様から
「半年前にシミ取りをして、せっかくキレイにとれたのに
また増えてきてしまいました」や
「シミ取りをしたのに、逆に濃くなってしまいました」と
ご相談を受けることがよくありました。

 

現在は気軽にシミがとれるという素晴らしい時代になったのですが
これも色々気をつけなければ逆効果。

 

まずシミ取りをして一度はきれいになったのにという方は
また単にシミができてしまった場合もあるのですが
シミ取りレーザーを行った後に
何もケアをしていなかった可能性が考えられます。

 

シミ取りレーザーを行うと
シミが反応して、一度は縮小し、ほくろのようになり
かさぶたになって、ぽろっと取れるのですが
簡単に言うと、薄皮が一枚ない状態になり
その状態で紫外線をまたあたってしまうと
再色素沈着と言い、以前より更に濃くなってしまいます。

 

レーザーを行ったあとは、マスク、日焼け止めをして
紫外線にあたらないよう極力気を付けることが大切です。

 

 

また、レーザー治療をして
更に濃くなってしまった方は「肝班(かんぱん)」だった可能性が高いです。
肝班とはシミの一種ではあるのですが
肝班にレーザー治療をしてしまうと
更に濃くなってしまいます。

 

専門医、もしくは施術者が見抜けなかった可能性が高いです。

 

肝班というのは
主には目の下に扇状にぱらぱらと扇状にシミが広がっていて
ほぼ左右平等なのが特徴です。

 

また、鼻の下に出来る方もおり
私のお客様が鼻の下に肝班があるにも関わらず
知らずに施術を行ってしまったところ
薄いひげのような状態になってしまってかなりショックを受けておりました。

 

 

こんなことがないように
正しい知識をつけて、専門医や施術者に任せず
レーザー治療を検討してみてください。